Websites

matsuotsumemasa

Tokyo

かつてのヨーロッパのトランプは、手描きで、タロットカードのようにいくつかの情景が描かれていました。15世紀にグーテンベルクの印刷機が発明されて以来、図柄の作成が容易になったことで、図柄の人気が高まりました。

現在、カジノでも使用されるトランプの興味深い事実は、フランスにあります。というのも、トランプゲームがヨーロッパに伝来した時に、現在でも使われている「4つのスート」あるいは「4つの文字」がゲームに導入されましたが、現在のような姿ではありませんでした。当初、これらの図柄には、エジプトのモチーフが描かれており、その後、剣、カップ、硬貨、スティック(棍棒)などが描かれるようになりました。時代が下り、ヨーロッパ全土でトランプゲームが普及していきましたが、それは国ごとに異なっていました。